自信がないと悩んでいるあなたへ

メンタルの改善をしてなりたい自分を目指したい方へ届けるブログです

ジャスティン・ビーバーに学ぶコミュニケーション術

f:id:s-s-coaching2017:20181212141112j:plain

注)この方はモデルさんです。


ミュージシャンのジャスティン・ビーバーといえば、何かとメディアに話題を提供してくれる方ですよね。

そんな彼、実はとっても「コミュニケーション上手」なのです。

 

今回は「ジャスティン・ビーバーに学ぶコミュニケーション術」をお伝えします。

 

 

ジャスティン・ビーバーがパパラッチに伝えたこと 

パパラッチといえば、どこまでも追い掛け回してくるし、プライベート写真を隠し撮りしたりとあまり良い印象はありませんが、ジャスティン・ビーバーはパパラッチに対して友好的と言われているそうです。

 

ところがある日のこと、外出先でパパラッチに対してこんなことを話しました。

 

 “おーい!ちょっといいかい?聞いてくれ。

 君たちが自分のやるべきこと(写真や動画撮影のこと)をやっている最中に

 もう少しおしゃべりを控えることはできるかな?

 

 僕はできるだけ普通の生活を送りたい。

 だから、君たちにはプロとして自分の仕事に徹してほしいんだ。

 どうだい?できるかい?

 

 プロとしての仕事をしてくれ。

 僕と一定の距離を保つようにするとかね。

 君たちは最近僕の車に近づきすぎだ。

 

 君たちの置かれた状況を僕はちゃんとわかっている。

 

 ここにいるみんなそれぞれ仕事があって

 パパラッチも仕事としてやっているということを理解しているつもりだ。

 

 君たちが僕のベストな写真を撮りたいということも知ってる。

 

 君たちのことを尊重したいと思ってるし

 僕が君たちのことを邪険にしてるとは思ってほしくないんだけど

 

 友好的にしようという気遣いから挨拶をされたり

「元気?」って声をかけたりされるのは

 普通の生活を送ることを難しくするんだ。”

 

 FRONTROW様サイトより

 

 このあと、パパラッチは全員その場から立ち去りました。

 

どうして、パパラッチは全員帰ってしまったのでしょう。

ここで気付いたこと、それは「彼は人を動かす話術を身につけていた」のです。

 

Iメッセージ(アイメッセージ)で伝える

 

【Iメッセージ(アイメッセージ)】という言葉をご存知でしょうか。

 Iメッセージとは、【主語を「私(アイ)」にして伝える】コミュニケーションの手法です。

 

先ほどのセリフで特に印象に残っているのが

”「僕はできるだけ普通の生活を送りたい。だから、君たちにはプロとして自分の仕事に徹してほしいんだ。どうだい?できるかい?」”

 

この伝え方は、コミュニケーションの取り方として完璧だと思います。

「僕はあなたにこうしてほしい」とIメッセージで伝えているのです。

 

YOUメッセージを使うとどうなる?

Iメッセージに対して、YOUメッセージ(ユーメッセージ)というものも存在します。

すでにお分かりだと思いますが、【YOUメッセージは主語が「あなた」】になります。

 

先ほどのセリフをYOUメッセージに変えると

「僕の生活を邪魔しないでくれ。写真をとったり、気安く声をかけないでくれ」といったところでしょうか。

 

IメッセージとYOUメッセージどちらが相手に伝わる?

あなたなら、「Iメッセージ」と「YOUメッセージ」どちらに心を動かされますか。

もちろん「Iメッセージ」ですよね。

 

何か不満を伝えたいときほど「Iメッセージ」で伝えてみましょう。

 

もし、あなたのお子さんが片付けをしないことにイライラしていたら

「片付けてって言ってるでしょ!!!」

 

と言いたいところをグッとこらえて

「私はあなたに片付けてほしいと思っているのよ~」

 と感情的にならずに伝えてみましょう。

 

もし怒ってしまいそうになったら、深呼吸すれば冷静になれます。

ちょっとした言葉遣いで、お互いに良好な関係を築けるのでこの手法はオススメです。

 

さいごに

ジャスティン・ビーバーのセリフで他にもよかったことがあります。

それは【相手のことを認め、尊重している】ということ。

 

まずは相手を認め、尊重したうえで、「だけど僕はこうしてほしいと思っている」という伝え方は、相手の心を動かします。

 

Copyright 新しい自分を手に入れる All rights reserved.