自信がないと悩んでいるあなたへ

メンタルの改善をしてなりたい自分を目指したい方へ届けるブログです

新婚時代に大切なことは、夫を〇〇すること

f:id:s-s-coaching2017:20181110122933j:plain

「片付けてくれない」「手伝ってくれない」「何もしてくれない」「どうしてウチの人は気が利かないの?」

恋人時代は優しかったのに…夫に対してそんな不満をお持ちではありませんか。

今回はそんなあなたへ「新婚時代に大切なことは、夫を〇〇すること」を送ります。

 

 

結婚したらもう恋人ではありません

結婚する前までは、会いたいときだけ会うこともできるし、ちょっと嫌だなと思うところがあったとしても見ないふりをしてしまえば何の問題もありませんでした。

 

しかし、結婚後はそういうわけにはいきません。生まれも育ちもちがう他人同士が四六時中いっしょに過ごしていると、見たくない部分が見えることもありますし、時には「え?こんなはずではなかった」ということも起きます。

 

ただし、そう思っているのはあなただけではありません。夫も同じように思っているのです。まずは、恋人時代とは違うということを心得ておきましょう。

  

はじめが肝心!というアドバイスを鵜呑みにしない

 あなたが結婚をしたとき、周りの先輩から「はじめが肝心よ。ダンナにちゃんと手伝ってもらうクセをつけた方がいいわよ」というアドバイスされたことはありませんか。

 

実はわたし自身も先輩に言われた経験があるのですが、その言葉を鵜呑みにするのは非常に危険だと感じています。

なぜなら、その先輩のご主人とあなたの夫のタイプが同じだとは限らないからです。そもそもすべての人間が唯一無二の存在ですから。

 

先輩の言葉を鵜呑みにし、夫のことを自分の価値観でがんじがらめにすることによって何が起きてしまうのか、よく考えてみましょう。

 

それでお互いが納得しているのならまったく問題はないのですが、逆の場合は夫婦間に亀裂が生じることもあります。

 

完璧な妻でいる必要もないし、完璧な夫を求める必要もありません。だからと言ってあなただけが我慢したりする必要もありません。

 

まずは自分がハッピーでいられるにはどうしたらいいのか。そこを優先させましょう。次にあなたの夫が、どんなことに対して喜ぶのか、嫌がるのか。どんなタイミングでどんな言葉をかければ動くのか。そのあたりを見極めていきましょう。

 

見極めるといいましても、楽しみながらですよ。いきなり状況が変わることはありませんから。 

 

新婚時代に大切なこと

 「他人は変わらない自分が変わるしかない」とよく言われていますが、実際に自分が変わることにより起きた変化をお伝えしますね。

 

実はつい最近のこと、今まで家事はほとんど手伝ったことのない夫が、結婚11年目にして掃除機をかけてくれるようになりました。

そうなった理由は何かと考えてみたら、ひとつは夫のタイプを理解できるようになったこと。もうひとつは道具です(笑)

 

夫のタイプを理解できるようになるのに時間がかかり過ぎてしまいましたが、これはコーチングを学んだ効果が大きかったなと感じています。

 

相手を受け止める、認める、ということができるようになったことにより、感情的にならずに客観的にみることができるようになったのです。

 

そこで気付いたのが、夫を操作してはいけない。大切なのは信頼するということ。そして、良いところを見るということ。だったのです。

 

その気付きにより、ここ数年、お互いを褒め合うことが増えましたし、強要することもなくなりました。そして、どんなタイミングでお願い事をすればいいのか、どんな言葉で人は動くのか、理解できるようになったのです。

 

もうひとつの道具について、軽くて使いやすいコードレス掃除機に買い替え、置き場所も取り出しやすいところに変えたところ、頼んでもいないのに勝手に掃除してくれるようになったのです。

 

要するに、夫の動くポイントはここだったということですね。この展開は、期待も想像もしていなかったので驚きました。

 

くれない族から卒業しましょう

「〇〇してくれない」という人のことを一部では「くれない族」と呼んでいます。

「〇〇してくれない」となげく前に、お互いがハッピーでいられる方法を模索してみてはいかがでしょうか。どうしてもイヤなことは外部に委託してもいいでしょう。

 

大切なのは、夫を操作するのではなく信頼すること。まずはそこからがスタートです。

 

◇◇◇

お試しセッションの特別価格はまもなく終了します。ピンときた方はご連絡ください。

 

www.timeticket.jp

Copyright 新しい自分を手に入れる All rights reserved.