自信がないと悩んでいるあなたへ

メンタルの改善をしてなりたい自分を目指したい方へ届けるブログです

コーチング的・美容師と信頼関係を築く方法(上級編)

f:id:s-s-coaching2017:20180329152139j:plain

私が考える「コーチング的・美容師と信頼関係を築く方法」を今まで2回にわたりお伝えしてきました。今日は最終回(上級編)です。

 

前回までの記事はこちら

コーチング的・美容師と信頼関係を築く方法(初級編)

コーチング的・美容師と信頼関係を築く方法(中級編)

 

 

 

前回の感想を伝えましょう

 「もしかしたら、この方なら信頼できるかも」そう思って再び来店したあなた。前回の施術以降、どのような変化があったのか伝えてみましょう。

 

例えば、「友達から好評だった」「ブローがしやすくなった」など、正直に伝えることをオススメします。もし、残念だった点があれば「次回はこうしてほしい」などのように、未来に向けた伝え方をしてみてはいかがでしょうか。

 

イヤなことも伝える

 2回目の来店時は、お互いに打ち解けてきていることもあるので、初回よりは緊張感がほぐれていると思います。

 

そこで「このスタイルだけはイヤ」というのも伝えてみましょう。流行っている髪型だからといって、みんながそうしたいとは限りませんよね。イヤな髪型を避けられただけ、理想の髪型に近づく可能性もあります。

 

f:id:s-s-coaching2017:20180329160640j:plain

また、私の場合は、シャンプーの香りによって偏頭痛を引き起こしてしまうものがあるため、それについても理解してもらっています。臨機応変に対応してもらえるのは本当にありがたいことだと感謝しています。

 

あれ?と思ったら、施術の途中でもあきらめない

 施術の途中で「あれ?なんか違う方向にいっている気がする…でも、今さら言えない…」と思うことってありませんか?

その気持ち、よくわかります。そんなあなたにこう提案します。

 

「施術の最中であっても、疑問に思うことがあれば勇気を振り絞って伝えましょう」

 

これも信頼関係ができていないと、なかなか言いにくいし、そもそも「言えない」方が多いと思います。とってもとっても勇気が要りますが、ここでのメリットは「お客様の声に耳を傾けることができる美容師さんなのか」がはっきりとわかります。

 

もし、怪訝(けげん)そうな顔をした場合は(そのような方には出会ったことがありませんが)・・・そのご判断はおまかせします。

 

伝え方のポイントとしましては「Iメッセージ(アイメッセージ)で伝える」ことが大切になります。「Iメッセージ」とは、「私」を主語にして伝えることなんです。

 

「なんだか違う」と感じた時は

例:「私は○○のようにしてほしいと思っているのですが、今からどのようにされるのかもう一度確認してもいいですか」

 など、自分にとってしっくりくる言葉で聞いてみましょう。

 

決して「ちょっと!前髪切り過ぎないでよ!」などとは言わないように気を付けてくださいね(笑)

そこで真摯に対応して下さる方なら、今後、長年付き合っていける可能性は高くなります。

 f:id:s-s-coaching2017:20180329152207j:plain

美容師に対する想い

そもそもこの記事を書こうと思ったきっかけは、「美容師さんに対する尊敬の念」からです。

 「美容師さんはハサミ1本で勝負する繊細な職業」です。さらに、サービスのきめ細かさが素晴らしいですよね。

 

シャンプーの時「流し足りないところはありませんか」と聞いてきたり、お茶を出したり、本やタブレットが見やすいようにクッションを提供したり、マッサージもします。

私は寒がりなので、ひざ掛けを追加してもらったこともあります。とにかく「気づかいの達人」なのです。

 

それを「お金を出しているから当然」と思うでしょうか?それとも「ありがたい」と思うでしょうか。人それぞれだとは思いますが、私は後者です。

 

すべての「空間」「癒し」「サービス」にお金を払っているのは事実です。ですが、それ以上に得られるものがたくさんあるので、私にとっては学びの場でもあります。

 

私は美容院で過ごす時間を「ショータイム」だと思っています。今回はどんなショーが見られるのだろうかとワクワクしています。ハサミ1本で仕上げるショーって素晴らしいですよね。

 

しかも、すべて本番一発勝負。どんなリクエストがくるのがわからない。もしかしたら、前回クレームを言ってきた方がいらっしゃるかもしれません。自分で選んだ道とはいえ、一日中そのような環境にいます。

 

さらに閉店後には後輩の指導をしたり、自らも研鑽を積む。職人なら当たり前のことかもしれませんが、私には到底できないことです。

 

早朝に行っても、夜に行っても、変わらぬ対応をしてくださる。時には、体調が良くないときも、家族に心配事があるときもあるでしょう。

そんなところは全く見せずに、「いま目の前にいるお客様と向き合う姿」「最高のサービスを提供しようとする姿勢」に、心から尊敬の念を抱いています。

 
労働環境がきついと言われていますが、週休2日を取り入れているお店も増えてきました。休日はリフレッシュして、どんどん良い技術を提供していってほしいものです。

 

美容師さんへ尊敬の念を抱きつつ、私が思う「コーチング的・美容師との信頼関係を築く方法」をお伝えしました。

 

f:id:s-s-coaching2017:20180329164002j:plain

まとめ

美容師さんとの信頼関係を築く方法

・自分自身の意思を明確にして「なりたい姿」を伝える。

・仕上がりのイメージを共有し、気になることは言葉で伝える。

・次回来店した際は、「感想」を伝える。

さいごに

私が提案したい一番大切なことは、「なりたい自分になるなら、自ら歩み寄ってみてはいかが」ということです。

あなたの思いが通じない方だったら、新しい美容師さんを探すという選択もありますし、粘り強く付き合い続けるという選択もあります。

あなたはどのように生きていきたいですか。

 

コーチングに関するお問い合わせ・お申込みはこちら

Copyright 新しい自分を手に入れる All rights reserved.