自信がないと悩んでいるあなたへ

メンタルの改善をしてなりたい自分を目指したい方へ届けるブログです

コーチング的「買い物上手になる方法」

 

f:id:s-s-coaching2017:20180215181826j:plain

 

私たちの生活には欠かせない買い物。
食品などの日用品から高価な買い物まで、私たちにとって買い物は切っても切れないものですよね。


例えば、結婚式に着ていく洋服やドレスを買う時、心から満足して買っていますか?
お店の人に「お似合いですよ」と押し切られ、「何度も試着しちゃったし断わりずらくて…」と、満足していないのに買ってしまったという経験はありませんか。

 

そんな心の優しいあなたへ「コーチング的・買い物上手になる方法」をお伝えします。

 

 

 

 

 
まずは「買物の目的」を決める

f:id:s-s-coaching2017:20180215181854j:plain

さあ、待ちに待った休日がやってきました。
今日一日を有効に使うため、「買い物の目的」を明確にしましょう。

 

あれもいいな、これもいいなと思いながら、似たようなお店をグルグル回り、歩き疲れた果てに何も買わずに帰ってきてしまったという経験はありませんか?
時間は有限です。ブラブラしながら買い物するのももちろん楽しいけれど、時には目的を持って買い物してみてはいかがでしょう。

 

例えば、「今日は春物のコートを買う!」と決めたら、それだけを探しに行く。

好みの物が見つかったらラッキーですよね。
目的を明確にした方が見つかりやすいこともあります。

なければまた次回にするのも良いでしょう。

 

このようにすれば、あれもこれもと一日中歩き回ったりすることもありませんし、残りの時間を有効に使うこともできます。


 自分の意思を伝える

f:id:s-s-coaching2017:20180215181910j:plain

 

何着も試着するのって店員さんに悪いし、「お似合いですよ」なんて笑顔で言われると断りにくくなってしまうことってありませんか?


その時はいいかな?と思っても、自宅でもう一度着てみたら「なんか違う…失敗したかも…」と思うこともあります。


そのようなことにならないために「強い意思」を持ちましょう。

 

自分のなりたいスタイルがあるのなら、先に「私はこういうものが欲しい」ということを店員さんに伝えましょう。


ここで大切なことは「できるだけ具体的に伝える」ということです。

 

例えば、「寒色系」「暖色系」、「細身のスタイル」「ゆったりスタイル」、「流行のもの」「流行にこだわらない」など自分の意思を伝えて下さい。


店員さんは店内のものはすべて把握しています。何点か提示されても自分の好みでなければ、お礼を伝えて別のお店へ行きましょう。

 

また、何度も試着したのに決まらなかったとしても、そこは割り切りましょう。
「こんなにして頂いたのに申し訳ない」と妥協して買うよりは、本当に気に入ったものを買う習慣をつけましょう。


自分軸で生きていくのに大切なことです。
買物もご縁ですから。

 
習慣化する

f:id:s-s-coaching2017:20180215181928j:plain

 

 

今日は良い買い物ができましたか?
もし、できなかったとしても大丈夫。目的を持って買い物したその行動が素晴らしいのです。

 

欲しいものが手に入れられたあなたは、それを身につけていつもより背筋をピンと伸ばして歩いてみましょう。
どうですか?妥協して買うよりも、ずっと気持ちがいいのではないでしょうか。

 

いつもの休日より時間に余裕ができたあなたは、この時間を何に使いましょうか。
美容・エクササイズ・スキルアップ・カフェで読書など、たくさんの選択肢がありますよね。


このように、なんとなく休日を過ごしてしまうよりも、目的を持って主体的に生きていく習慣を身につけてみましょう。

良い習慣は自分の意思でつくることができますよ。

 

さあ、次の買い物は何にしましょうか。
本当に必要な物、本当に欲しい物をご自身の意思で手に入れてくださいね。

 

◇ 今日のひと言◇

自分の「意思」を「明確」にして買い物上手になりましょう

f:id:s-s-coaching2017:20180215182002j:plain

 

 

Copyright 新しい自分を手に入れる All rights reserved.